任意コマンドのリモート実行の操作方法

ここでは Armadillo Twin に登録されているデバイス上で任意コマンドをリモート実行する方法を説明します。

前提条件

  • 対象デバイスの Armadillo Twin への登録がまだお済みでなければ 「Armadillo Twin にデバイスを登録する」の手順に従ってサービスに接続するデバイスを Armadillo Twin に登録してください
  • 任意コマンド機能を有効化する作業がまだお済みでなければ、チュートリアル「任意コマンドをリモート実行してデバイスログを確認する」の手順に従って任意コマンド機能を有効した上で動作確認をしてください
  • 実際の任意コマンド実行を行うためには、「任意コマンド実行状況閲覧」権限と「任意コマンド実行と管理」権限が必要です。「ユーザーの権限を変更する」を参考に権限を設定してください。ユーザー権限を変更するメニューが表示されない場合は、管理ユーザー に確認して権限についてご相談ください

実行対象とタイミング

  • 任意コマンド実行の対象デバイスは単体デバイス、複数選択デバイス、デバイスグループを選択することができます
  • 任意コマンドを実行するタイミングは即時実行のみです1
  1. 今後のサービスアップデートでスケジュール実行機能に対応する予定です ↩︎

単体デバイス上で任意コマンドをリモート実行する

  1. 「デバイス一覧」に移動します
  2. 任意コマンドを実行するデバイスを選択して個体コードをクリックします
  3. デバイスの画面を下にスクロールすると「任意コマンド実行」というブロックが表示されます
  4. 任意コマンドを入力します
  5. タイムアウト時間は通常デフォルト設定で十分ですが、任意コマンドによっては任意コマンドがタイムアウトすることがあります。その場合にはタイムアウト時間を調整します
  6. 任意コマンドを実行します
  7. リクエスト送信が成功するとメッセージが表示されます
  8. 更新するとステータスを確認することができます

選択した複数デバイス上で任意コマンドをリモート実行する

  1. 「デバイス一覧」に移動します
  2. 任意コマンドを実行するデバイスを選択してチェックをつけます
  3. 「操作」をクリックします
  4. 「選択デバイスで任意コマンドを実行する」を選択します
  5. 任意コマンドを入力します

デバイスグループ上で任意コマンドをリモート実行する

  1. 「デバイスグループ一覧」に移動します
  2. 任意コマンドを実行するデバイスグループを選択してグループ名をクリックします
  3. デバイスグループの画面を下にスクロールすると「任意コマンド実行」というブロックが表示されます
  4. 任意コマンドを入力します