ソフトウェアアップデートの操作方法

前提条件

  • 対象デバイスの Armadillo Twin への登録がまだお済みでなければ 「Armadillo Twin にデバイスを登録する」の手順に従ってサービスに接続するデバイスを Armadillo Twin に登録してください
  • 操作を行うためには、操作するユーザーに「ソフトウェアアップデート状況閲覧」と「ソフトウェアアップデート実行と管理」権限が必要です。「ユーザーの権限を変更する」を参考に権限を設定してください。ユーザー権限を変更するメニューが表示されない場合は、管理ユーザー に確認して権限についてご相談ください

アップデートの対象とタイミング

  • アップデートの対象デバイスは単体デバイス、デバイスグループを選択することができます
  • アップデートを行うタイミングは即時実行のみです1
  1. 今後のサービスアップデートでスケジュール実行機能に対応する予定です ↩︎

単体デバイスをアップデートする

  1. 「デバイス一覧」に移動します
  2. ソフトウェアをアップデートするデバイスの個体コードを選択します
  1. 下にスクロールすると「ソフトウェアアップデート実行」というブロックが表示されます
  2. 用意した swu 形式イメージをアップロードします

今月の通信量について
アップデートにかかるファイルデータ転送量は、アカウントで利用中の Armadillo の総数によって制限され、1ヶ月ごとにリセットされます。また、通信量の更新は24 時間ごとに行われます。
ここで表示されている値は今月の残りのデータ転送可能量になります。詳しくは以下を参照してください。
ソフトウェアアップデートに必要なデータ通信量

  1. アップロードが完了するとファイル名と md5 が表示されます。確認してください
  2. アップデート完了後のデバイスの挙動を設定します
  3. アップデートを開始します
  1. リクエスト送信が成功するとメッセージが表示されます
  1. 更新するとステータスを確認することができます
  1. ステータスが成功になると、Base OS のアップデートが成功しました。実行結果にアップデート後のバージョンが表示されます

デバイスグループをアップデートする

  1. 「デバイスグループ一覧」に移動します
  2. ソフトウェアをアップデートするデバイスグループを選択します
  1. 下にスクロールすると「ソフトウェアアップデート実行」というブロックが表示されます
  2. 用意した swu 形式イメージをアップロードします
  3. アップロードが完了するとファイル名と md5 が表示されます。確認してください
  4. アップデート完了後のデバイスの挙動を設定します
  5. アップデートを開始します
  6. リクエスト送信が成功するとメッセージが表示されます
  7. 更新するとステータスを確認することができます
  8. ステータスが成功になると、Base OS のアップデートが成功しました